2008.06.02

コメント、受け付けます

時々、我がデスクトップからログインできないこのココログの編集画面。

いろいろ悪条件が重なる結果らしいが・・・時々ココログ自体の管理ポリシーが変更になっているのを、気がつかないこともある。

そして・・・コメントの受付が「デフォルト:受け付けない」になっているのに、もう数ヶ月気がつかずにかき散らかしてしまった。あわててある程度設定変更し、これからの新規投稿からは自動でコメントを受け付けるように設定しなおした。

うーむ・・・ココログ、やっぱり使いにくいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

まるい、おもい

最近、キャップを被ったときに

まるいなあ・・・

とは感じていた。

髪切ったからねっ

・・・じゃない。やっぱりおもいぞ>自分

ジテツーサボってるしな。

思いっきり絵文字で泣きたい気分(陥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

初売り08

あけましておめでとうございます。

年末年始、バタバタ続き。何がって、ツレの練習に部屋の片付け、そして除夜の鐘を聞いてから年賀状の印刷。。。

今年もやっぱり、間に合わず(汗)

現役のプレイヤーのマネジメント上、正月というスケジュールで双方の実家、あるいは田舎というところまで移動するのは困難が伴う。そこで、隔年でそれぞれの実家に元旦に挨拶に行こう、という風に決めている。2度目の正月(といっても昨年は喪中だったのだが)にあたり、ツレの長野の実家へ行って帰ってきた。

その後、機嫌の悪いプリンタやMacを宥めながらなんとか頂いた年賀状のお返事を作成していたら、あっという間に4時近く。さすがに二人とも辛く、起床したときにはもう箱根駅伝は山越え寸前(汗)部屋の温度は寒く、布団から出る気にもならない。

デパ子達への誕生日プレゼントを探しに行きたいとツレがいうので、車で出かけることに。途中、自転車用品の通販で有名なY社へ立ち寄らせてもらう。

初売の品に、携帯空気入れやカバンが出ているらしい。よければ買おう・・・

と店に入ったのだが、出てきたときにはヘルメットを抱えていた(汗)

うちの#33さんもメットが合わなくて困る人だが、自分はもっと厳しい。GK時代は借り物で、痛いのも我慢していたのだが、自転車用となると痛いんじゃお話にならない。

意外なメーカーの製品がフィット。値段も、まあやさしい(アイホのメットよりは安い)。

自分はクロスバイク乗りで、ローディじゃないからバイザーがあってもまあいいか、と思っている。

というか、ロード用のメットで痛くなかったのは今まで1種類しか記憶にない(涙)やっぱりロードはスタイルのいい(道具に身体が合う)人がやるもんだ(強がり)

初売りということで1割引きしてもらえて、お得な買い物でありました。

Dvc00006b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.08

12月8日という日

ことしも12月8日がやってきた。

1年のうち、1日くらいジョンの楽曲を真剣に聞く日があってもいい。

と考えつつも、平日ではなかなかそうもいかない。帰宅して食事して・・・となるとそもそも聞く時間がない。久々に土曜日なので、昼前に整体に出かけるときから2005年の2枚組ベスト、'WORKING CLASS HERO"をかけて走る。

戦争があろうとなかろうと、人間にエゴがある限り例えば原油の価格高騰を抑える事はできない。エゴにもいろいろあって、実はラブ&ピースだって、エゴといえば、エゴになるわけだが。そんなことを痛切に感じる、2007年の12月8日のはじまり。

今日は元Cマーク、DFのデパメンバーを見舞ってきた。つい3日前、帝王切開で女の子を出産したばかり。我が家のすぐ近くのマタニティクリニックでの出産であったため、ツレとふたりで病室へお邪魔してきた。

思えば産婦人科なるところに足を運ぶのは、たぶん31年ぶりのことなんだろうと思う。実弟が産まれたときに、親父と母のところに行ったことは覚えている。家族ならともかく、自分まで行ってもいいもんか?と心配になったものの、先輩ママのメンバーへツレが照会をかけ、二人ででかけることになった。

彼女は自分と同期、いわゆる「マルコー」である。他所の奥様ながらも、ツレともどもチームの一員として母子共に心配であった。ことに当人、天然が故に周りから見て無理をしているところもなきにしもあらず、おまけに喘息やら心臓やら、決して強い体ではないだけに。

予定より早い出産ではあったが、本人は平静に戻りつつあった。ベイビーはまだ保育器の中で寝ていたが、標準的な体重でもあり一安心だね、とご夫妻と歓談。ご主人のN君、一層しっかりしてきたなあ、というのが感想(爆)


ちなみに、ツレは「産婦人科に行ったら我々夫婦の子供への気持ちが変わるかもよ」なんていわれたらしい。

結婚式で「2シーズンはツレに現役を続行させる」と断言し、その2シーズンめも折り返しを迎える。

一足早く父親になっているY監督との男同士の会話の中では「早いほうがいいっすよ」と言われる。

しかし、根性だけが売り、であるうちのマネジメント選手の心境や動きに変化が見られているのも事実。まだ成長の糊代は残っている。そして・・・まだまだ続くデパのベビーブームと、戦力として一応計算できるところまで到達した、メンバーとしてのツレ。

このシーズンが終わったあと、どうしていくのか。本人はともかく、個人的にはあと1シーズン分の成長をみたい気もするし、かといって群馬で勤務できる時間が確実に減ってきたことを自覚しだした。正直、先のことは、わからない。

やっぱり子供ができるということは、いろいろな意味で変化があることなんだろうと思う。こんな何人かの新生児達の姿を見て、愛くるしさを感じた。

すべての子供たちのために、自分のエゴを打ち出そう。

LOVE AND PEACE!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.12.07

更新STOPのわけ、再開のわけ

・・・気がつけば半年、またも放置(涙)

いろいろあるんだけど、某SNSではちゃんと書いている。

新PJが、挫折したのだった。落とした自転車の、もっとも大事な変速機が・・・折れた!

届いたときからかなり調子が悪く、いたわってはいたのだが、蛍光灯が切れる前のアレ、一瞬明るくなるようなものだったんだろうか。

で、唐突にはじめたわけは・・・

こんなブログをリンクいただいてしまったのだ!

それも、身内も身内、デパ子の姉様に。

おまけに、後輩の某君からもさっぱり更新しないとお叱りいただいているし。

ボチボチ、再開しますよ。ネタは・・・再録中心かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.06.29

プロジェクト追加

久々の再始動したこのブログなのだが・・・本編を一つも書かぬままプロジェクトの追加発表。

実は年代モノのDAHON社の折りたたみ自転車を落札した。構成部品の製造年月日から、1992年頃製造と考えられる。

この自転車、今時のDAHONのOEM車と比べても太刀打ちできないが、フレームの造形と内装ギアとしてモールトンやブロンプトンで採用されていたスターメイ・アーチャー社(英)のハブギアがついている。

内装車なんて、学生の時に乗っていたBSのカマキリセレックとかでしか経験がない。でも、その英国のカオリのするアメリカデザイン・台湾メイドの小さな自転車をいじる企画。一応イニシヤライズ(初期化)を目指すが、プラ部品を中心に劣化が予想されることから、一部は現行パーツと取り替えも検討中。

「グラスホッパー」(仮)も結構な年数の放置車なので、いきなり2台平行の作業となるが、手ごろな2台でツレとのポタリングができるよう、秋までには形にしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.27

新PJスタート・・・のはず

いったい、いつ更新したんでしょ(汗)ご無沙汰の割に・・・相変わらず何にもかわらないねぇ、ココログ(有料版)。金払ってるのがアホみたいですわ。

ところで、この梅雨時にいくつかのプロジェクトをスタートさせることに。

(1)『フォールディングバイシクル「グラスホッパー」(仮称)再生・機能向上』
近々、上京時に友人宅に立ち寄り、不要となった折りたたみ自転車を引き取る予定。テールヘビーですぐに前輪が浮く、典型的なヤスモン折りたたみらしいが、それをどこまで使えるようにするのか、妄想含めで作業するPJ。

(2)『ポラロイド320改造・再生&ピールアパートフィルム作品撮影』
剥離式インスタントフィルムを使用する旧式ポラロイドの電池ボックス改変から作品制作まで。フィルムが高いのでどこまでやれるやら。

(3)AF一眼レフコラム
気がつくと我が家に何台のAF一眼レフが揃ったのだろうか。そうしたカメラを握り締めながらその時代とカメラについて書きなぐりたい。

目下、MixiとYahoo!オークションのチェックに追われているので予告しても忘れそうな気がする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

いつでもいいや、じゃいけないこともある

よりによって5月1日付で異動。4月異動で若手が縁もゆかりもない岩手に行ったりしてるし、どうなることかと思ったが、希望どおり「地元」で腰を据えて働けることになった。

それはそれでよかったのだが、これまで東京駅経由ということでさんざん楽しんできた丸善にも、20数年通いつめた秋葉原にも気軽に行けなくなってしまった。まあ散財を控えるという意味でこれから出費もかさむのでちょうど良いといえばよいのであるが。万年筆のインクは変質する可能性もあるから買い置きはよくないのだが愛用のターコイズはこちらで入手は難しいかもしれない。駅前のデパートで取り寄せしてもらうか、前橋の書店で扱っているのを期待するしかないか。

近いうちに買おうと思いながらまだ踏み込めていない、アメ横のパーカー45購入計画もある。近いからいいやーと思っているうちにいけなくなってしまう。アメ横自体は洋服とか買いに行くからこれからもいくだろうが、でも機会を逃すと買いそびれそうだ。まだメーカーのカタログに載っているうちは大丈夫だろうが。。。

会社の同期が引越しの際に捨てようとしていたパソコンの部品一式を貰い受けることになっている。それは近々彼の家の近くに行こうと思っているのでまあどうにかなるが、それをくみ上げるときに必要なHDDなど、足らないものはどうしよう。前橋近辺にTWOTOPもあるし、ヤマダビックもあればPCの専門店らしきものもあるにはある。しかし、足で稼ぐ楽しみが消えるのは残念かもしれない。

ともあれ、今の職場で遣り残したことがないように、しっかりするのが目下の課題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.15

朋美スマイルは見たかった

スピードスケート女子500m。日本勢最上位は岡崎の4位。主将の重圧もあったろうし、現地での風邪も響いた。でも後輩たちより上の結果を自ら出した事は立派。原田が、清水が不調の中、ベテラン勢の意地を見せてくれた。でも、笑顔が素敵な朋ちゃんだから、笑顔が見たかったよ。

ベテラン偏重については正直批判的だが、長野オリンピック以来の朋美ファンとしては許すしかない。ああ、矛盾。

とっとと寝ればいいし、どうせなら日本代表、メダルゼロというところまで行ってもらいスポーツ界全体を変えるくらいの衝撃を持ち帰ってくれればいいとまで個人的に思うのだが、やっぱり悔しいのでコメントだけ記す。おやすみなさい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.28

石油ファンヒーター

今年の寒さは例年以上。そんなときに高崎での生活をはじめてしまった。部屋には夜と朝しかいないとはいえ、その時間がもっとも冷え込むし、日中に人気の無い部屋は余計に冷える。そんなわけで、この冬の光熱費は相当なものになりそうだ。部屋にはエアコンがひとつと父親が職場で使っていた石油ファンヒータ、それから格安の扇風機形セラミックヒーターがある。セラミックヒーターは寝室を暖めるのに使っているがエアコンは回りっぱなし。

そこで仕方が無いので小さな石油ファンヒータをもう一台買ってきた。雪の地方のストーブといえば専業メーカー。数社あるが、今回はダイニチ工業のブルーヒーターを買ってみた。一番小さなやつよりも少し安いもの。

昨今、白物家電といえば海外生産が普通になっているが、専業のコロナやダイニチは国産である。消費地に近いところで作っている。しかもダイニチは3年保証。かの大松下がFFヒーターの不祥事を起こしている中で、そうそう買い換えないであろうファンヒータに3年保証をつけるのは自信の現われだろう。

実は、先週の新潟大停電を受けて、昔からの反射式ストーブにしようかとも思ったのだが、思えば田舎に暮らした20年前以来その手のストーブを家で使ったことがない。大人なんだから気をつければいい・・・と思いつつぶつかったりもする。だからファンヒータに落ち着いたのだが、オイルヒータにホットカーペット、いろいろな人のいろいろな助言を頂き今回は大いに悩んでみた。

年末年始はこの小さなストーブを置いた部屋(書斎、ともラボとも呼ぶ)での作業が多くなるだろう。コイツに頼りっぱなしになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)