2006.06.28

ビデオデッキの修理

高崎に引っ越すと同時に、私の父が引退して、職場で使っていた電化製品などが余った。その中でテレビとビデオデッキを貰ってきた。

とはいえその時点で10数年落ち。東芝のVHS-HiFi。以前から自分専用で使っていたS-VHSを持ってきてからはサブ機としていたのだが、HDDレコーダーを購入した時点でお役ご免。

で、実家に持ち帰ればよかったのだがテレビも液晶モニター(あくまでもモニターです。たまたまTVチューナーがついている)と取り替えたのでサブセットとしてラボに持ち込んでいたのだが、どうもローディングがうまくいかなくなってきた。

開腹してみると、ローディング機構を制御するモーターの動力であるゴムベルト(要は輪ゴムなのだが)がスリップしている。交換すればまあ、しばらくは使えるかと考えた。

幸い、高崎と前橋の境に東芝のSSがあるのだが、平日はなかなかいけないので部品の注文はしにくい。したところで消耗品の部品があればラッキーだが、それもゴム単品では売ってなく、キットで2,000円くらいかかるのかもしれない。それは・・・10数年モノの、プレミアもついていないVTRには贅沢だ。

ホームセンターの水道コーナーを見ていて、ちょうど同じくらいの平パッキングゴムを発見。もしかしたら流用できるかな・・・果たして、その読みは正解。割引で100円しない部品である。

少し径が太いものの、スリップ無く動作する。正直、ヘッドの磨耗も相当なんだろうが、しばらくはサブVHSデッキとして使えそう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

原因は素人ハンダ

今日はDP-50Lの修理。早く帰宅できたので、高崎で唯一電子パーツを取り扱っているらしい電気屋に行ってみた。新品も中古も、いわゆるハイファイもそうでもないのも並んでいる。スピーカーやアンプについてはちょっとうるさそう。あと、まあまあ普通の値段のレコードプレイヤーをちゃんと扱っているのも好感がもてる。ちょっと奮発してフルメタルのRCAプラグを2本買い求める。アキバだったら半値だし、同じ部品なら少しでも安く買おうと思ったものだが、地方ではショップがあるだけありがたい。

プラグを買ったのは、故障の原因はケーブルにあるとふんだからで、場合によってはプラグを換える必要があると考えたからである。しかし、とりあえずまずは本体側のケーブル接続を確認してみる。。。なんか変なのである。他の部分と比べて、音源のケーブル関係だけハンダが雑。どうやら、前オーナーが自力で修理もしくは加工をしたようだ。ハンダてんこ盛り。雑というより、下手!

トーンアームから伸びているケーブルが非常に細いものだったので、念のためハンダごては15Wのものを使っていたのだが、古ハンダが溶けない。仕方がないのではみ出た部分を少し削る程度にとどめた。

しかし、結果としてノイズが解消。針圧を少し調整してとりあえず満足の行く音が鳴るようになった。さすがにまもなく30年を迎える古機なので演奏終了時のオートリフト機能がきかなくなっているが、もとから「セミマニュアル」であるから気にせずに使っていきたい。

不精をし、iPodのヘッドフォンで確認をしたのだが、やはりちゃんとしたアンプ、スピーカーで鳴らしてやりたい。あと、適当なカートリッジではなくちゃんとしたものを奢ってやりたいものだ。せっかくのDENONなのだからDL-103といいたいところだが、アンプが対応していないので・・・(略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.17

迷い・・・

アキバに通わなくなったというものの、ハードオフには相変わらず通う。といっても結婚してからはその頻度は落ちている・・・はず。目下の悩みは、独身時代から買うと決めているレコードプレイヤーである。

私のオーディオセットは小学生の時にラジカセをベースにいろいろ組み出していたのが源流。中学の時に親のメインセットのアンプを入れ替えている。最初に自分で買ったオーディオ機器は、フォノイコライザー搭載でラジカセにもつなげられる、シャープのプレイヤー。近所のダイエーで1万円だった。高校入学の時に買ってもらったラディアンの話は何度かしているが、そのときにオプションだったオンキョーのプレイヤーPL-33Xも買っている。このプレイヤーはコンポをリプレイスした際にもそのまま残り、今も我が家唯一のレコードプレイヤーとして稼動している。が・・・

どうにも満足できない。フルオートでMMカートリッジ、決して悪くはないが当時の世相を反映した軽い音なのだ。しかも針がさすがに傷んできた。たぶん注文すれば替え針は入手できるのだが、ジャズやクラシックでは満足できそうもない。

高校時代は小遣いを貯めて、実家メインセットのカートリッジ交換などやって楽しんだものだ。とはいえ、実家のプレイヤーはすでに45回転の調整が狂っている。行きつけのマスターに聞くと、そういうもんだよーと言われ納得した。ともかく、またアナログな遊びがしたいのである。

PSE問題も片付いた今日、ようやく近所のハードオフにも出物が流れ出した。目下の悩みは・・・

DENON DP-50L(ターンテーブルは回るが音がでない・・・?ジャンク)
DENON DP-51F(一世代後のフルオート機。ちょっと筐体が薄くなる。ストレートアームで調整が難しい)
Victor QL-Y5(一応動作機。状態は悪くない)
Techinics SL-1301(名機1200と同時期の一般機。右の音が出ない・・・?ジャンク)
オーレックス SR-355D(70年代の中堅機。状態はよいのだが8K)。

アタリはQL-Y5だと思う。ビクターの中堅機は悪い評判じゃなかったはず。値段も納得できる。DP-51Fについては同時期のもう一つ下のモデルを中学校の部室で使っていたと記憶している。決して悪くはないのだが、ストレートアームというのがひっかかる。でも、憧れのDENONなのだ。

我が家のメインセットもDENON。というのは11年前のセパレートコンポではすでPHONO端子は絶滅寸前で、予算との絡みでPHONO端子があるセットはそれしか買えなかったのだ。さらにはDENONのカートリッジといえば今日まで廃盤にならずに残るDL-103シリーズという名機があり、ターンテーブルも評価が高い。オーディオ少年の時代からの憧れなのだ。DENONから新しく発売された中堅機のDP-500Mは、ターンテーブルこそ異なるが基本的にはDP-50シリーズ直系である。が・・・壊れているらしい。

ターンテーブルが回るということは、あとはアーム自体の故障か、そうでなければ配線の劣化と原因は推測できる。困ったことにDENONの2台とQL-Y5、いずれも差額500円以内。おくちゃまの決済はいらない・・・(笑)直す・バラすことを考えるとDP-50Lで決まりなのだし、憧れで考えるならDP-51Fなんだが、カートリッジを替える楽しみはQL-Y5となる。

というくだらないことをここ数週間、悩みつづけてるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

iPod nano スペシャルバージョン

最初に取り込んだのがよりによってノイズ・・・という散々なデビューを飾った?私のiPod nano &Snoopy。ようやっと本来の目的である音楽を再生するようになった。目下、カセットやMDで録音したラジオ番組をMP3化して通勤の際に聞いている。

ところで、このiPod nanoの最大の特色は裏面にスヌーピーが刻印されていることである。カスタムシートもあるのだがもったいなくてまだ使っていない。逆にネックはApple自体の企画ではないのでAppleでのサポートが受けられないということ。

そもそも、iPod nanoを買おうと思ったきっかけは実は別キャラにあった。サンエックスの人気キャラクター、リラックマの昨秋の販促フェアの景品がiPod nanoだったのだ。やはり裏面にリラックマの絵。もともとリラックマはMDを聞いている姿もあるので音楽とは案外親和性がある(らしい)。これは抽選で何名か、というきわめて狭き門であったしそもそもその応募資格である商品を期間内に購入できなかったので獲得のチャンスはなかったのだが(ちなみに今度はAM/PMの販促で所定の買い物をすると応募できるというもので、やはりリラックマiPodが景品になっている。所定の品、というのが伊藤園の「おーい、お茶」シリーズで、お茶を仕事中に飲むとトイレが近くなるのであまり買わないのである)。

そのレーザー刻印が印象に残っていたところに、Web限定でのスヌーピーバージョンの発売である。一度は申し込みに手間取り失敗し、あきらめかけていたのだがセカンドチャンスを物にした。

とりあえず今はまだiPodそのものをまだ使いこなせていないので新しいものをほしいとは思わないが、ガチャピン・ムック版なんてのもあるらしい。値段は通常のnanoよりも高めだから、いい商売である。。。見事なマーケティングに負けたっ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.06

マスターに触発されて・・・

土曜日に行ってきた「クッキングオフィス貴」。JBLシングルにツイーターが追加されていた。アルバム「Let It Be」収録の「Two Of Us」ではリンゴ・スターのバスドラの音が心地よかった。

マスターのユニットを調べてみると、JBLの20cmフルレンジであるLE-8T。山水の箱に入っている、というのでご自分で改造されたのかと思ったのだが、よくよく調べるLE-8Tを組み込んだ山水「SP-LE8T」という製品があって、そのものであることがわかった。とにかく、フルレンジとは思えないバランスのよいまろやかな音だった。

日曜日、練習に出るまで時間があったのでJFN系列でオンエアの「山下達郎のサンデー・ソング・ブック」を聞いていた。CATVアンテナとようやく据え置きのMDのおかげで、キャリア25年でようやっとノイズレスのエアチェックが実現できて涙(実家もCATVだったが、各戸への分岐と宅内の接続機器の多さでノイズレスにはならなかった)。

MDのあるセカンドセットはタイマー録音で放置し、ファーストセットのDENONでも受信。アンプのボリュームをあげた。奇しくもこの日の楽曲は達郎のライブ音源。臨場感ある音を大音量で楽しんだ。

普段小さな音を流している#33と違って、#87は実家にいる時から結構ボリュームをあげていた人だから、よくボリュームを下げて、と叱られるのだが、時々ボリュームをあげてみる。あまりボリュームをあげないとスピーカーが鈍る。いいわけだけど・・・

ライブ系の音ということもあり、また山下氏自身がマスタリングチェックに使っているNS-10系列のスピーカーだけに、相性はバッチリであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

レコードを聞かせてくれるレストラン

週末は#33とデートというわけでもなく一緒に買い物をしたりしてすごすのだが、必ず話題になるのが「今日はどこにいくー?」というもの。最近はパターン化しており、開拓するのはラーメン屋ばかりなのだが(笑)

ふと、前から気になっている「ハヤシライスのうまい店」に行ってみようということで急遽車をUターン。入り口には「JAZZレコードかけてます」という看板が。

入ってみると座席にC.F.マーチンのアコースティックギターが置いてある。奥のトイレの入り口にはAriaProのベースギター。狭い店内にはTEISCOのギターアンプ。何だかここは面白い。お薦めのハヤシライスを頂く。少し濃いくらいで自分にはちょうど良い。なかなかおいしい。

カウンターを見るといろんな雑貨に紛れてORTOFONと書いてある小箱が目に付いた。オルトフォンというのはレコードカートリッジの名門。確かにカウンターの端には無造作にレコードがある。

そこでタバコを吸うついでにカウンターをのぞいてみる。するとマスターが「好きなんですか?」とやってくる。オルトフォンの箱が目に付いたので・・・というと、「レコードは良いよね」、と言ってくれる。マスターは東京で仕事(修行?)していた時に私の指定レコードショップである石丸レコードセンターに通ったという。あの店は(ひょっとすると今もジャズ・クラシックではやっているかもしれないが)どんなレコードも売る前に盤を見せてくれましたよねというと、「そうそう」と。マスターが通ったその時代、実は自分もオーディオに一番凝った時期である。苦笑する#33を置いて盛り上がる。

「どんな曲を聞いていたの?」と聞かれ、ジャズは得意ではないので何でも聞いて、レコードは主にロックだったと言うと、「こんなの持ってるんだ」と出してきたのが大変古い「LET IT BE」マスター、22歳の時に買ったものだそうだ。ジャケットの裏には「東芝音楽工業」現在の東芝EMIの前身である。まさにビンテージ。ぜひ聴かせて下さいとお願いした。

店のセットは山水末期のα707(と思われる)にトリオ時代のアナログチューナー、レコードプレイヤーにご自慢のスピーカー。山水のエンクロージャーにJBLのシングルを仕込んでいるという。針の落ちる音が懐かしい。うーん、いい音だ。「DL-103なんかも持ってますよ」ああ、デンオンの名機ですね、憧れましたとも。話題が盛り上がる。聞けばマスターもハードオフに通って500円のトリオチューナーを買い求めたという。同好の志だ(爆)

JAZZをかける店というのは二通りあって、音楽を聴かせるのがメインなのでオーディオの話は厳禁、なんてところも少なくない。ドキドキしたのだがここのマスターはオーディオ、いやレコードが好きな人だった。とても気さくなおじさんでうれしかった。

マスターは学校を出て住宅販社に就職し、その土地にあった山水の工場の人と出会いオーディオにはまったという。そして東京・茗荷谷のレストランに勤め秋葉原に通ったという。そういえばその頃、スレッジサポーターH氏は秋葉原のラオックスの楽器館の店員だったというが、いずれにせよ中学生の#87はその頃から本格的なアキバ通いをはじめたのだった。

#33の大学近所の店には私が憧れた電子ピアノ「EP88」が無造作に置かれていた。高崎のお気に入りの店はMac好きのオーナーがいて、パソ好きが集まるらしい。伊香保にはまだ食事には言っていないが若おかみの作品であるぴのんがある。そして前橋・・・デパの由美姉やマックの家の近所なのだが、これはちょっと嬉しい出会いだ。

マスターとPSE法のことでぼやき、「ぜひレコードプレイヤーお買いなさい」と薦められる。また「今度はレコード持ってらっしゃい」なんて言われその気になっていたりする(笑)わざわざ見送ってくれたマスター。かなり好きなんだろうな。

次にお邪魔したときにはB面を聴かせてもらおう。そしてタンシチューを頂こう。#33の頼んだオムライスもおいしかったし。。。

JBLといえば、一応今セカンドセットで鳴らしているのもJBLだが、本物は違う。JBLとビートルズ、思った以上に合うじゃないか。うーん・・・JBLの音はどちらかといえば好きなほうだけに・・・危険だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.04

CDプレイヤーとしてのThinkPadi1400

19V稼動のOEMのホームPCということで、PCマニアからはイロモノされているThinkPadiSeries1400。実際そう思っていたひとりだが、いざ使ってみると案外使い勝手はいいようだ。PCM/CIAスロットも2基あるし、偶然だがXGAで表示もできる。ケチって1GBのHDDしかいれていないのだが、普通のHDDを入れれば充分使えそうだ。もちろん、グラフィックやCPUの性能はいまどきのリッチコンテンツの再生には追いつかない性能なのだが、それでも普通にメールチェックやブログチェックをするにはこのくらいでちょうどよいのではないだろうか。

ところで感心しているのはオマケであるCD再生機能。PCの電源をONしなくてもCDのコントロールができることは他の機種でもよくあることであるが、TPi1400の場合ディスプレイ横に埋め込まれたスピーカーが比較的いい音をする。ディスプレイを開けなくても音がちゃんとなるようにケースにも工夫がされている。ノートPCで良い音のする機種といえば、コンパックのプレサリオのJBL搭載機あたりが思い出されるが、それに相当するかもしれない。

さらに驚いたのがCDの再生のよさ。最近ではラジカセですら再生ボタンを押してももたつくし、まして次の曲にスキップするなんて時間がかかるものであるが、TPi1400はボタンを押した瞬間にスキップするのである。これは反応速度を求める#87好みのレスポンス。PCとしてではなくCDプレイヤーとしてセカンドオーディオセットに組み込もうかと思うほどである(笑)オーディオも見習ってほしいものである(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

MDレコーダー 復活!

このブログの中にもバナーを貼ったのだが、PSE法という法律ができて、4月からそのPSEの認証マークのついていない電化製品の販売ができなくなる。これは中古でも同じで、ハードオフではジャンクでも買ってくれたのだが買取中止ということになった。ジャンクはともかく、往年の銘機と呼ばれたオーディオも、70年代のシンセサイザーも販売ができなくなる。そんなものを欲しがるのはマニアだけだと言ってしまえばそれまでだが、リサイクルというものを必死に普及させてきたハードオフなどの中古販売業者にとっては死活問題だし、新しいアーチストは古い楽器を使うためには古い人から譲ってもらうしかない。

すでに、アナログオープンリールテープの1/4インチについてはレコーダーのメンテナンスも、テープの製造も中止となってしまい、楽曲録音はフルデジタルで行わざるを得なくなったし、遠い将来、古い楽曲についてはマスターテープの音源を再生することも難しくなる。そもそも、1/4インチマスターの保存は難しく、再生の前にオーブンで焼くなんてことすら行われている。それができる職人のマスタリングエンジニアも減っているし、ディスコサウンドなどはデジタルレコーディングと親和性が高いからいいのであるが、フルオーケストラやストリングスのレコーディングではしばらくいい音の媒体が出にくいと思われる。時間が解決するかもしれないし、世間では音さえ鳴ればよいのであろうが。

そんなPSEだが、業者も販売規制の前に何とか在庫を掃こうと安売りをはじめている。おかげでもともと安いジャンクがさらに半額になったりするし、往年の銘機も手ごろな値段で買うことができる。

ただし、所詮はジャンク。正月にゲットしたA&Dのカセットデッキや最近手にしたテクニクスのアナログチューナーはお買い得だったが、デジタルシンセサイザチューナーは未だに修理のめどが立たない。デジタルは直しにくいのだ。そしてもう一つ、ジャンクにしては金をかけすぎたMDレコーダーがある。音叉マークのパイオニア末期のマイクロコンポ用MDレコーダー、MJ-P5。

再生はできるのだが、録音時TOCライティングがうまくいかずエラーになってしまっている。インプット自体は普通にできているので回路ではなくヘッドの問題。原因がつかめているのだがピックアップの調整は難しい。ヘッドクリーナーで掃除したがうまくいかなかった。

そこで分解してみると、ヘッドユニットは一体化している。基板の方も値段相応のいい加減なものだったが、特に液洩れ・パンクは見られない。

ヘッドの構造を見てみると、MDローディングの関係で分解は難しそうである。しばらく考え、思い切ってエアブロアを吹いてみた。これで再生ができなくなっても、もともとジャンク。捨てるだけである。すると、ラッキーなことに書き込みが可能になったではないか!!

音源のデータ化を目指している状況でMDを使用することは考えていない。しかし今やカーオーディオがMD搭載になっている。ツレのインプレッサも自分のプレサージュもそうなった。CDはかさばるので、車に仕込むにはMDがちょうどよいのだ。加えて我が家はCATVアンテナなのでFMの入りもきわめて良好。まだPCでのエアチェックは機材が揃っていないので、MDを録音機材としたかったのだが、生憎MDは昔のバッテリーの持たないポータブル機しかないのだった。これで念願のMDエアチェックが実現する(実は実家の母専用マイクロコンポはMD搭載だったので、実家ではMDレコーディングをしていたのだが)。

リモコンこそないのだが、とりあえずエアチェック目的には十分つかえそうだ。少々インプットレベルが低いのが気になるが、ノイズも少ないのでデジタルマスタリングには影響なさそうだ。

次はi1800の分解・・・かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.18

デビュー戦

ジャンクなオーディオばかり集めているようで、実は久々に新品の鳴り物を買っていたのだ。iPod Nano。2GBものである。注文から1月ほど待ってようやく手元に届いた。

4GBならばともかく、2GBで入荷待ち?と思われるだろうが、実はSnoopyバージョンなのである。Webで限定発売したところあっという間に売り切れ。受付開始と同時にWebにアクセスしたのだが、カード番号を入れたりするのに手間取っている間に品切れ(涙)その後、企画したラナやディノスなど、あちこちでの追加受付情報を登録し、ようやっと入手したのだった。

別に、ソリッドオーディオはiPodが初めてではない。ジョージアの「歌ジャケ」の中身は日々持ち歩いていたし、そもそも数年前からCFにMP3データを入れ、PDAで聞いていた。ただ、メジャーなハードを買ったのは初めてなだけである。もっとも、購入したものの眺めるばかりで肝心の曲を入れていなかった。

スレッジホッケー委員会からの緊急召集で、半年以上ぶりに試合形式の練習においてオペレーションを実施した。今回、ちょっと作戦があってあるノイズを会場に流しつづけたのだが、その音源としてNanoを利用した。

最初に入れた音がノイズかい・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.31

最近のハードオフ

300円スピーカーで懲りればいいのに、相変わらず安物ジャンクを買いあさっている。

まずは500円のケンウッドのチューナー。その昔、「チューナーといえばトリオ」という時代があって、その名残でシンセサイザーチューナーになってもトリオ=ケンウッドはいい、と信じていたが買うことがなかった。今回の代物はまだトリオ時代のケンウッドブランドの製品。

我が部屋はそもそも新幹線の横ということもあり電波状況は良くないようで、CATVのアンテナが引き込んである。CATVでラジオを受信するときれいに入るのだが、チューニングが狂うという弊害もある。幸い、メインチューナーで一通りチューニングは調べているのでさっそくあわせてみる。

・・・なんだか音が小さい。ノイズは普通に出るのだが、どうもステレオじゃないみたい。。。判定:△。

もうひとつ、据付のMDレコーダーが欲しくてパイオニアのMDレコーダーを買ってきた。音は出る。しかし・・・書き込みができないようだ。ヘッドクリーニングしても同様。判定:×(汗)

11日からジャンクの売出しをするらしい。さあ、買い込みに入るか(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)