« 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) | トップページ | USTREAMで世界のSAKAMOTOのライブが生で見られる、幸福<追伸あり> »

2010.10.31

那智さんを悼む(mixi日記再掲)

野沢那智さんが亡くなった。

私達のちょっと上の世代だと、白石冬美さんとの「ナッチャコ」パック・イン・ミュージックということになるだろうけれども、私はパックには間に合っていない。

アラン・ドロン、ブルース・ウィリス、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、そして山田康雄さん亡き後のクリント・イーストウッドなどの吹き替えを担当されていた方だから、TVで放送される洋画でお声を聞く機会は多かったし、スターウォーズ旧三部作(EP4-6)のC-3PO役としても有名。

また、幼年期から親しんできた「チキチキマシン猛レース」では実況アナウンサー役でブラック魔王(CV:大塚周夫さん)との掛け合いが面白かったし、寺沢武一作品のコブラの印象、さらに日本におけるCGを使った本格的劇場アニメーションのさきがけと言われる「SF新世紀レンズマン」では主人公にしばし示唆を与えるウォーゼル役の印象は強く残っている。

「レンズマン」は小学校時代に劇場まで見に行った数少ない劇場アニメーションだったから特に印象は強烈なのだけれども、ウォーゼルという役はスターウォーズ旧三部作におけるオビ=ワン・ケノービに近い。ニヒルな面がありながらも、主人公を支える重要なポジションだった。

C-3POや「チキチキの実況」とはまったく違う、凄みを感じる演技だった。

日本の映像コンテンツ、特に洋画吹き替えを支えてきた声優さんの多くは、「食えない俳優」達で、好むとも好まざるとも日本のテレビを支えてきた裏方の人々だった。

特に那智さんや山田康雄さんは、「声優である前に俳優であれ」というポリシーを強く持っていた人だった。

演者であるオリジナルの俳優がどういうスタンスで演じているのかを考えて、吹き替えをどう組み立てていくか、そして単なる身代わりではなく、役者として自分の個性を声だけという限られた条件で出していくのか、ということに取り組まれてきたといえる。

だから、稽古、中でも演出家としての野沢那智は、全盛期の蜷川幸雄同様に鬼の形相だったという。近頃の蜷川先生はおじいちゃんになってすっかり丸くなったと言うが、後進は皆、那智さんには徹底的に絞られたらしい。

中学・高校の放送部活動の一環で「放送劇」というものを、東京の有力私学の女子中高で取り入れていて、それを見たときに「これは放送部じゃなくて、演劇部じゃないか」と私は思ったものだった。

しかし、放送部の表現として朗読やラジオドラマというものがある以上、放送部であっても演技は必要な技術で、それを突き詰めれば演劇に行き着く。

これは大学時代、自分がディレクターとしてラジオドラマを、挫折したがビデオ作品の監督として創り手としての目線を体感した中で、演者の技量も、そして演出者としての私の技量も足らなかったという思い出の中で、那智さん達の言葉を認識させられた。

そんな那智さんの声が聞けない。山田さんや、あるいは名DJ、城達也さんが亡くなったときにも感じた空虚感を覚える。

那智さんも山田さんも、二人とも私が好きなアクターであるイーストウッドのアテレコを担当したということもあるけれども、日本語による洋画、外国人が日本語をしゃべるというシチュエーションは日本の声優さんの第一世代の人たちが作り上げてきたものだ。

その人たちが俳優としての力を振り絞り、プライドを持って作り上げてきたものを、私達は普通に楽しんできた。

今年は田の中 勇さんが亡くなり、青野武さんが脳梗塞で持ち役を降板されたりしているし、これからどんどん、第一世代の声優さんの訃報を耳にすることになるだろう。

名優達の声の名演技、これが永遠に残るかというと、権利関係もあるしアナログマスターの劣化という避けられない問題がある。映像はデジタルリマスターされるかもしれないが、近年はオリジナル主義で吹き替えをヨシとしない風潮もあるし、新たなキャスティングで再録される可能性も高い。

実際、那智さんじゃなきゃという声がファンだけではなく日本の関係者にも強かったC-3POも、新三部作では那智さんは起用させてもらえなかった。本国の力が強くなればなるほど、日本でできる味付けは少なくなってしまうわけで。

なんともいえないんだけど、那智さん、ありがとうございました。

こうとしか、言葉が思い浮かばない。

|

« 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) | トップページ | USTREAMで世界のSAKAMOTOのライブが生で見られる、幸福<追伸あり> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那智さんを悼む(mixi日記再掲):

« 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) | トップページ | USTREAMで世界のSAKAMOTOのライブが生で見られる、幸福<追伸あり> »