« オーガスタキャンプ2010レビュー<2>ちーにシビレタ | トップページ | 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) »

2010.08.16

オーガスタキャンプ2010レビュー<3>オーガスタは大人のハロプロ?

<Twitterの#augustacampハッシュタグ関連でご覧になられた方へ。このブログ、2年ぶりに更新します。過去の駄文はオーキャンには関係ありません。今回もtwitterとは真逆で無駄に長いので、どうぞ皆さんの時間を有効に(笑)>

-------☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆------


オフィス・オーガスタという事務所は、楽曲関係の権利のマネジメントも徹底しているし、いち早く事務所単位でモバイルコンテンツ事業に参入している。そのプロモーションもかねて、オフィシャルサイトではアーチストやスタッフがつぶやいていたらしい。

モバイルコンテンツって、1コンテンツはそれほど高くはないけど、1回入ると切るの面倒なのよね。かといってしょっちゅう使うわけでもなく・・・

要はお金だけはらってる上客が多ければ多いほど、ウマミがある(笑)すでに足抜けできないコンテンツが結構あるので、すぐには増やせません。ごめんなさい、ジャイアン社長。ボク、乗せられてません(笑)

そのプロモーションということだったのだろうが、もともとtwitterアカウントを持っていたmi-guに加え、杏子姉さんと杏子さん担当マネージャーのよっちさんがツイートしていた。今までtwitterはアカウントをもっていなくて、mixiのつぶやき機能で遊んでいたのだけれども、ちょうど先週、mixiが二日間にわたる大規模トラブルに見舞われ、充分「ツイート依存症」なことがわかったので、本家twitterをはじめたところだったのだ。

杏子姉さん、よっちさんともに、こちら同様「初心者」らしいけど、逐一リハーサルの様子を入れてくれた。真っ先にフォローしたのはその二人で、友達以外で最初にフォローしてくださったのがよっちさん。お忙しいのにすみません!という感じ。

運良くハッシュタグも見つかり、14日のライブの様子がわかった。食べ物に並ぶらしい。売り切れも早かったらしい。「シカオ雨」はやっぱりあったらしいから、雨具はやっぱり必要だ・・・とか。

シカオちゃんやヤマはtwitterではなく「オーガスタ版」でしか登場しなかったのだろうが、mi-guやよっちさんがtwitterにもバックステージの様子をツイートしてくれたし、お客さん同士見知らぬ間柄で情報をやり取りしたりした。

普通、コンサート中は携帯電話の電源は切らされるものだ。確かに、プレゼンテーションやら会議中の携帯電話の呼び出しですら興ざめなんだから、プレイ中の着信音なんてたまったもんじゃない。

でも、オープンステージのフェスだということもあったし、オーガスタの会員拡販の思惑もあって、今年のオーキャンはそれはなかった。むしろ、どんどんつぶやいて!と杏子姉さんは煽っていた。

オーガスタのお客さんもまた凄いと思う。ちゃんと見なかっただけで、出している人はいるのかもしれないが、少なくともtwitterで14日のセットリストについてネタバレをやっている人は見かけなかった。それに、ステージに向かってカメラを向けている人も気がつかな携帯電話の電源を切るよう強制していない以上、確認の仕様もない。

客層がオトナだから、無粋なことはしないということだろう。ゴミもきれいに片付けていたし、規制退場もスムーズなものだった。

途中、誰かが「ハヤクヤ解散?」とつぶやいたら即座に「えー!!」というリツイートが。結局、今回は「大酒(または新「コブトリ」)」こと大橋卓弥&さかいゆう)の新コンビ結成で、秦君とタクヤの距離が・・・すこーしだけ広く、秦君が寂しそうだとか。

少なくとも#augustacampのハッシュタグでは、あまり個々のアーチストを攻撃するようなツイートもなく、皆さんそれぞれ、ご贔屓のアーチストさんも、それ以外のアーチストさんのセッションもツイートしながら楽しんでいた。14日のみ参加の人も、昨日はこうだったと応戦してくれる。15日しか知らないボクらは、前日の様子もその場で思い浮かべながら目の前のライブを楽しんだ。

話はそれるが、実は15日は夢の島からそう離れていないお台場で、自動車レースのGT選手権に出場するドライバー達が主催するファンイベントも開催されていた。ジャンクスポーツ出演などでおなじみの脇坂寿一選手が中心となり、参加したドライバーやチーム関係者、ナレーター勢がツイートしまくっていたのだ。おかげで夢の島でオーキャンを楽しみながら、お台場の様子もわかった。

打つのも見るのも時間がなければ難しいが、ボク個人としてはバックステージとステージ、そして客席がtwitterというツールで今までより少しずつ、また距離を縮めることができたことが面白かった。

「オーガスタ公式」だったらもっといろいろなアーチストのつぶやきをみたり、ファンの交流も深いものだったのかもしれない。

あえて「オーキャン非公式」のtwitterを規制せず、少ないながらも情報をいただけたことで会場のオーディエンスであるボク達も楽しかったし、会場にこられなかった人も一緒に盛り上がることができた。

なんせ、mi-guが暴露した「スガシカオ女子トイレ乱入事件」がつぶやかれたのは「非公式」のほう。会場でツイッターをしていたボクらは、あの話かと笑い、その後日談というか、シカオちゃんの反応ぶりをステージからmi-guがばらし、会場全体のネタとなったことに笑った。

今回はシカオちゃん、完全にボケ回りでしたなぁ・・・

有料の「正規版」を入っていた人と無料の「非公式」の関係性というのは難しい。つぶやきもまたアーチストの表現として考えれば、そこに商売は発生する。一方、個人的なつぶやきでしかないものに貨幣価値をつけるのも難しい話である。

ただ、「正規版」の人も「非公式」は見られるが、「非公式」だけの人がさらに多くの様子を見たければ「正規版」に入ればいい。この辺のゆるさ具合が、実によかった気がする。

もちろん、オーディエンスを信じる度量が事務所側には必要だし、その信用に答えるオーディエンスのマナーの良さがあって成立する。これがJ事務所とかハロプロやAKB48だったら、ある種パニックになりかねない。

お互いにオトナだから成り立った企画なのかもしれない。

ヤマ曰く「灰汁が強い」メンバー揃いのオーガスタは、オトナ版のハロプロ、いや物販やサービスの豊富さでいえばAKB48であろうか(笑)

3度目のオーキャンで改めて感じたのは、アーチスト、スタッフの仲の良さがにじみ出ているステージングだということ。オーディエンスもそれぞれのご贔屓はいるけれど、ご贔屓ではないアーチストにも同じようにレスポンスしているし、このイベントでの出会いを楽しんでいるように思う。10回を数える歴史がなせる伝統かもしれないが、本当に楽しい。

「大人のハロプロ」と勝手に呼んだところだが、ハロプロも拡張の一環で「ハロプロファミリー」と呼ばれている。オーガスタの場合はアーチストもそうだが、オーキャンはオーディエンスを含めた参加者全員が「ファミリー」なのかな、と感じる。

勝手ながらファミリーの一員として、今年はtwitterで見知らぬ人たちとも交流させていただいた。こういうきっかけを頂いたのは本当に杏子姉さんとよっちさんのおかげ。そして、二人の先生であるmi-guのおかげ。

許されるならば、これからのオーキャンでもバックステージ、ステージ、オーディエンス、そして会場に来れないファンが一つになれるような、素敵なウィークエンドがこれからも実現することを祈り、長い割に中身の少ないレビューを終了したい。

最後までお読み頂いた皆様、ありがとうございました。

またいつか、お会いしましょう。

そして、オーキャンに関わったすべての皆さん、ありがとうございました。

|

« オーガスタキャンプ2010レビュー<2>ちーにシビレタ | トップページ | 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーガスタキャンプ2010レビュー<3>オーガスタは大人のハロプロ?:

« オーガスタキャンプ2010レビュー<2>ちーにシビレタ | トップページ | 山下達郎 Performance 2010(2010/10/18・大宮ソニックシティ) »