« 2008年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2008.06.02

コメント、受け付けます

時々、我がデスクトップからログインできないこのココログの編集画面。

いろいろ悪条件が重なる結果らしいが・・・時々ココログ自体の管理ポリシーが変更になっているのを、気がつかないこともある。

そして・・・コメントの受付が「デフォルト:受け付けない」になっているのに、もう数ヶ月気がつかずにかき散らかしてしまった。あわててある程度設定変更し、これからの新規投稿からは自動でコメントを受け付けるように設定しなおした。

うーむ・・・ココログ、やっぱり使いにくいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DAHONとDOVONを並べてみる

少し時間があったので、我が家の16インチ折りたたみ、old dahon2号機とDOVONを並べてみた。

Dvc00107_2 手前にある銀色の自転車がDOVON(toponeブランド)、奥の赤い自転車が2号機。前後タイヤの間隔や、クランクの位置は中級車でも廉価車でも、そう変わりはない。むしろ、シートチューブの位置など、DOVONの方が後ろ側である(もっとも、角度がついている2号機のほうが、サドルの位置は後方へ持っていけるが)。

Dvc00111 実はDOVONでは、膝がハンドルにあたってしまうことがある。だからペダリングの際、気持ちガニマタで漕ぐ感じになってしまう。全体的に重心が後ろ側になってしまっている感じがする。

Dvc00109b 2台を横から眺めてみると、その角度の差は大きい。三角フレームのトップチューブを想像した寸法で、約10cm以上も差があるということになる。

Dvc00112 ここで普通の自転車だったら、長めのステムに取り替えるなどして、ハンドルの位置をを前に持ってゆくことができるのだが、折りたたみ自転車の場合だとステム自体の取替は難しい。そこで「ハンドルポジションチェンジャー」という製品を使ってハンドルの取り付け位置を変えることも考えられるのだが・・・DOVONのハンドルはステム一体式のTハンドル。方法論は二つ。

(1)もっと前輪寄りの角度が付いた折りたたみステムと交換する

(2)ステムコンバータで、いわゆる「なんちゃってアヘッド」化し、長めのアヘッドステムを使って前寄りポジションを作り出す

交換用ステムの用意されている自転車は・・・というと、「よく走る折りたたみ」の代名詞、BD-1のラインナップがあるが、むしろこれはハンドルの位置が遠すぎる人向けに、手前側に位置を改善するもの。交換した際のスタンダードステムでも入手できれば話は別だが、あまりオークションでも見たことがない。そもそもDOVONにBD-1のステムがつくのかどうか怪しいし、DOVONの改善に2万円以上の出費がかかる(ハンドルを超安価なもので済ませたとしても!)。

一方、今時のロード車やMTBで一般的に使われているアヘッドステムは、出っ張りのない棒にステム自体を嵌める構造。しかし、「なんちゃってアヘッド化」には、今のハンドルを切断する必要がある。長い分にはステムを短く切っていけばよいのだが、一度切ったステムを元には戻せない。

・・・といいつつ、あのステムを切り落としたい衝動に駆られる今日この頃。我が家のパイプカッターは、Over30mm対応(100均ショップものですがね)・・・やる気マンマンやないか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2010年8月 »