« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

花よりカレー、あるいはポタリング

「自転車でお花見しにいこうか」

リンクがいよいよクローズになった最初の週末。ツレからの提案。

ツレが学生時代を過ごした隣町のカレー屋さんでランチをして、ツレのキャンパス横の桜並木などを見に行こう、ということだった。

ツレと並んでポタリングするのは、自転車を趣味にして以来の、ある種の憧れの行為ではある。その提案はうれしかった。

うちには自転車は何台もある。ポタリングをしたくてそろえたDAHONがある。がしかし、不安がよぎる。カレー屋さんまで10kmある。そこまでツレは持つのだろうか。自分もDAHONではそれほど長い距離を走っていない。腰は、尻は、足は持つのだろうか。

躊躇はしたものの、ツレの気が変わらないうちにOKを出す。幸い、天気はいいし、気温は13度。ポタリングするには最高のコンディションだ。

うちの横を走る伊勢崎街道を、2台併走する。自分のコンディションは悪くない。そしてツレもしっかりペダリングする。というか、あまりにスムーズに走っていくので時々こちらのペダリングが追いつかないこともあった。ともあれ関越道を越え、玉村町に入る。1時間くらいで最初の目的地、かれぇ工房さんへ到着する。

Dsc00401b Dsc00402b このお店、以前はもっと街中にあったのだが昨年移転してきた。前の場所にあった頃から年に何回かはお邪魔している。天井が高く、開放的であかるいお店。食べるカレーは二人とも、いつも一緒なような気がする。ツレはレディースセットなので盛りが少なく、デザートがつく。自分もアイスクリーム券でアイスを頂く。1時間くらい、ゆっくりとカレーを味わう。

お店の前の交差点を渡ると、街の中心である町役場がある。ここをまっすぐ過ぎて大学方面へ向かう。ツレ達が学生時代によくすごしたという喫茶店は去年店じまいをしてしまった。昔はダンパやライブなどやったんであろうその店には、憧れのエレピ、EP80(小田和正、八神純子の愛機として有名)などがゴロゴロしている店で、サークルのライブなどの思い出がよみがえる場所だった。店は跡形もなく、そこにはスキヤが・・・(涙)

そのスキヤのところを入ると、ツレの大学。女子大だから中には入れない。最近、新棟ができたはずだが、その1Fにはカフェがあるそうだ。新入生が入ったら、ポスターを掲示させてもらうといいよとアドバイス。そうすればカフェにも入れるじゃない。

大学の横には立派な桜並木がある。群馬に通い始めの頃、車で見に来たことがあったが、その時はさーっと通り過ぎるだけしかできなかった。1.5kmくらいの間の道の両脇に咲く桜並木。

Dsc00404b 「もう少し遅くなると毛虫でいっぱいだよ」とツレは笑う。確かにそうだろう。実家の近くの桜並木もそうだった。この時期に、自転車だから楽しめることだろう。

さらに桜を求めて、今度は新町の自衛隊駐屯地を目指す。ルートが一本異なる。関越道の側道を走り、さらに新町の中心街を走り抜ける。だんだん、尻が痛くなってくる。

自分の2号機のサドルはボロボロだったので、スペシャライズドのサドルと交換している。しかし1号機はオリジナルのサドルのままである。ツレもきっとつらくなっているんじゃないかと心配ではあったが、彼女はそのまま走りつづける。

途中の祠で自転車を止めたツレが指をさす。

Dsc00407b 「ここ、『とかげ公園』」。滑り台に巨大なとかげ?のオブジェが。回り込んでみると、トカゲというか、恐竜というか・・・とにかくあんまりかわいくないものがついている。ただ一つの遊具だというのに。

このあたりの道は旧中仙道にあたり、芭蕉の句碑(ここで詠んだというわけではない)があったり、歴史ある街を感じるその横のとかげ・・・なんだかミスマッチで面白い。

自衛隊のオープンデイは来週ということで、敷地の外の桜の下をとおりながら引き返すことにした。さすがに4時を過ぎると風が冷たくなってきて、しかも強い向かい風になる。小径車ではちょっと辛くなってきたので、少しでもツレが楽になるかとも思って先を走ってみたが、あんまり差はなかったようだ。

ツレの1号機は3段変速を備えていて、少しはペダリングが楽になるはずなのだが、結局ツレは一度も変速機を操作しなかった。もともと変速機があっても固定で乗っていたらしい。まるでピスト乗りのようなペダリングをする人だと思う。

以前、二人でのポタリングの目的地候補だった「群馬の森」を通り過ぎ、家路へ向かう。まだまだ夕方の風は強く、寒い。尻もだいぶ厳しくなってきたのでコンビニに寄ったり、買い物をするために高崎駅の自由通路を押して通ったりして、帰宅したのは結局19時過ぎ。

横に並んで走るのは道交法違反でもあるし、二人とも結構真面目に自転車を漕いでいたので、会話が弾んだわけでもない。

でも、ふたりで一緒にこれだけの時間を走ることができたこと、ツレのナビゲートで、ツレの思い出を辿るのは楽しい時間だった。そして、お互い事故もなく、自転車で走れたのは大きな収穫だった。帰宅してルートを辿ってみると、32km走っていた。

また、理由を作っては二人で自転車ででかけよう。疲れたら押せばいいんだし。何よりも同じ速度で同じ道を並んで走っていけることが、とても幸せな一日だったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.10

<オークション妄想>サーカスの熊

朝からハードな仕事が続き、夕方から不毛な打ち合わせ。嫌になって春闘前で時間外も規制が入ろうという時期だが早めに帰宅。

PCを起動させ、そろそろ入札終了予定のウォッチ物件をチェック。今夜のお題は小径車2台。1台は折り畳みではないいわゆる「ミニベロ」の走りとして知られる、「ショートグリップ」という自転車。もともと手ごろな値段だし、カスタムベースとしては悪くないか、と思ったがちょっと錆が多いのにそこそこの値段になってしまったので当然見送る。

もう1台は、12インチという小さなタイヤを履かせたライトウェイ社の「Tidy」。

Tidyはハンドルの折り曲げ方に特徴のある、小さな自転車。フレームはアルミ製で公称9kgと軽量。水色に塗られたハンドルと青いフレームがかわいい。ライトウェイというメーカーはGT社の子会社として設立され、現在はGT、FELTなどの代理店をしながら独自のモデルもラインナップしている。

終了価格3,300円。ブレーキの交換は必要だが、ライトウェイやGTはBMXから派生したメーカーだからあまり変な部品は使っていない。出品者はいつもの地元の業者さんだったから、取りに行くことも可能だったし・・・

ただし、現実の重量は11kgくらいあるらしいし、ハンドル以外は特に折りたためるところもないのでそれほど小さくはならない。加えて、サドルやハンドルの位置に対してタイヤが小さすぎる。うちの16インチだって、自分が乗るとタイヤが小さく見えるのに、12インチでは人が見ていてのバランスがとにかく悪い。そのディメンジョンもあって、直進安定性もあまりよくないらしい。

たぶん、サーカスで熊が自転車に乗ってるような、あんな感じになるんだろう。かわいすぎる(爆)

内装3速化などのカスタムベースとしては面白い自転車だったし、手ごろな値段だったのだが、出張時のシティコミュータとしてはちょっと使えないので残念ながら見送った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

もうすぐ10年

自分がホッケーという競技と向かい合って、ちょうど10年の節目を迎える。

1998年3月5日。長野市M-Waveで日本で初めての冬季パラリンピック大会が開催された。当時のアイススレッジホッケー日本代表選手の一人と、実父が同じ職場だったことがご縁で、職場の壮行会用ポスターを作成し、そして競技を応援するホームページを立ち上げた。これがきっかけとなり応援する側からチームの一員となり、そしてある時は選手の一員という立場にもなり、はたまた応援をして頂く側になり、そして今は再び応援する側に戻り、友の戦いに一喜一憂している。

同じ頃オリンピックやパラリンピックの会場でボランティアスタッフとして駆け回っていた大学生達と知り合い、ある人とは兄妹という付き合いとなり、ある人とは夫婦となった。それぞれの生活は変わり、立場も変わったけれども、アイススレッジホッケーという競技の熱を浴び、この競技を少しでも長く見つづけたいと思った10年前の気持ちは、今もみんな変わらない。

あっという間の10年だった。スタッフとして何も知らないところからはじめ、アイスホッケーの試合にも足を運びアイホファンと交流を持ち、プレイヤーと語り合い、そしてスタッフやプレイヤーと朝まで飲み、マスクを被った。そうして、自分のホッケーというものに対する、何となくという印象を、確信に変えていった。

岡谷の女子アイスホッケーの選手達とオフィシャルとして接点を持ったことをきっかけに女子の試合を見て、群馬の女子チームに居候するようになったわけだが、女子でも男子でも、スレッジでも、基本は同じ。続けること、続くこと、楽しいこと、楽しむこと。これがなくちゃ、ホッケーは面白くない。

その間、日本代表のレベルは相当に上がった。10年の間に競技を変えるような才能とも出会うことができた。しかし、何人かの選手は競技を離れ、大事な仲間の一人はもうこの世にはいない。そして・・・その間の日本代表の世界的な位置は、上にも下にも動くことはできなかった。

10年という時が経った今年、世界選手権がまたやってくる。前哨戦となったジャパンパラリンピックではホームゲームでありながらカナダ、ノルウェー、アメリカに勝てなかった。ここ数年、国際大会をこの目で見ていないから友の本当のレベルはわからない。でも、正念場であることには間違いない。

でも、10年前、自分達がリンクの中に入れたのは、当時のメンバーのおかげであり、ともに楽しんでいこうという気持ちがあった。だからこれからも、自分にとってリンクが楽しい場所であるために、またリンクへ足を運ぶことになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »